やさしい煌めきと透明感 太陽の光に魅せられるアクセサリー

今回ご紹介するのは、東京の下町亀有でアクセサリーを制作しているアクセサリーブランドChiChi。光と透明感で彩られたアクセサリーは、着ける人も見る人も優しい気持ちにします。“光“と想いをパーツの一粒一粒に込めたChiChiのアクセサリーについて、デザイナーであり製作者である八塚千種さんにお話をお聞きしました。

母親のやわらかな愛情のようなものを投影したい

 八塚さんは静岡県富士宮市生まれ。
高校卒業後に上京し、文化女子短期大学服装学科でファッションに関する勉強をした後に、ヘアアクセサリーやブライダル用のヘッドドレスなどの企画デザイン・製作をする会社で働き、2016年に独立。ブランド“ChiChi”をスタートさせました。

「独立した当初は、マーケットや知人に声をかけていただいて自作のアクセサリーを販売していました。知り合った人の縁と繋がりで、百貨店や商業施設から声をかけていただくようになって現在に至ります。気が付いたら自然に5年くらい経っちゃっていました。」

アクセサリーを作り始めたきっかけを教えてください。
「以前働いていた職場にとてもお洒落な女性がいて、いつも素敵なアクセサリーを身につけていたんです。そういうアクセサリーを私も作ってみたいなと思って、少しずつ作るようになりました。」

“ChiChi“というブランド名の由来は「母乳」から。
「子どもに母乳を与える母親のその光景に、何かうまく言えませんが女性のやわらかな愛情を感じて好きなんです。
だからそういったやさしいイメージを作品に投影できたら、と思っています。アクセサリーを着けていても、それを見ている人たちも、温かい良い気分になってくれたらいいなと、ひとつひとつ気持ちを込めて作っています。

また、自分自身が金属アレルギーを持っている体質なので、素材はできるだけナチュラルなものを使用するように心掛けています。金属だと14KGF(ゴールドフィルド)やSILVER925を使うようにしています。アレルギーの方でも安心してアクセサリーをお楽しみいただきたいと思っています。」

太陽の光に魅せられたアクセサリー

ChiChiのマスターピースは、光のピアスと呼ばれる放射状に広がるデザインピアスです。
「太陽の光がデザインソースになっています。太陽の光が放たれる美しさをワイヤーワークを使って表現しました。先端につける素材を天然石、パール、白珊瑚などバリエーションを加えることで、Chichiの世界観になっていると思います。耳元につけることで顔回りがぱっと華やかになる、“ChiChiといったらコレ”といえるアイテムの1つです。」

ChiChiのアクセサリーには、透明感のある天然石やパールなどの素材が巧みに使われています。光をまとって、大ぶりでも主張しすぎず、品良く輝きを放ちます。
「パーツをたくさん重ねて組んだデザインは、光の重なりが特徴です。いつも手を動かしながら、これキレイだな、という組み合わせを発見して、デザインに昇華していきます」

八塚さんにお話を伺っていると、「光」や「透明」「水みたい」というワードが頻出します。
「愛情豊かでやわらかなイメージをアクセサリーで表現したいんです。透き通る水のような水晶、太陽の光と相性のよい天然石、七色に艶めく天然パールを選んで、耳、首、手元を優しく彩る作品を製作しています。それぞれの素材が持つ不規則でいびつな自然のフォルムの優しさに魅かれるので、それを生かすデザインを考えます。」

八塚さんの光、透明感に対する繊細な感覚で私たちの気持ちを高揚させるようなきらめくアクセサリー作りへとつなげてるようです。

のびのび気持ちよい、おおらかなものづくり

八塚さんは、圧倒されるほどの穏やかで温かい空気感をまとっています。のんびり、ほんわか、そういった言葉が似合う女性です。
「いつものびのび自由です。ChiChiのデザインも私が着る服も、気持ちの良い色を探して選んでいます。春なら明るくい色が気持ちいいなとか、夏なら元気な色がいいな、とか。」

子ども向けのワークショップをやられていると伺いました。
「姉の知人の紹介つながりで、ヘアゴムやシュシュなどヘアアクセサリー作りのワークショップを開催したり、アートマーケットでもお声がけいただいて、簡単なアクセサリー作りのワークショップもやりました。ワークショップは、知らない人とのコミュニケーションがとても楽しくて素敵なイベントです。機会があればどんどんやっていきたいと思ってます。」

「最近、大ぶりのアイテムがよく出ていてブライダルのお客様が増えてきているので、今後はブライダルラインをシリーズで展開させて行きたいです。新しい作品は、ヘッドセットやネックレス、ピアスなどのブライダルのトータルコーディネートや、カジュアルに使えるヘアアクセサリーなども考えています。」

SIROKUでは、ChiChiのアクセサリーをイヤカフとピアスを中心に取扱っています。光をまとうChiChiの世界を是非お楽しみください。

この作家・ブランドのアイテム一覧
すべての読み物 作家・ブランドインタビュー

こちらも一緒に読みませんか?

革を愛おしむ女性がつくる革小物
革を愛おしむ女性がつくる革小物
今回ご紹介するのは、兵庫県神戸市で革小物を製作しているブランド4103(読み方 ヨンイチマルサン)。ヌメ革の魅力を大切にしたものづくりで、全国のお客様から愛されています。ひとつひとつの革小物に込められた熱い想いを、デザイナーであり製作者であ
Read More
スウィング、スウィング、スウィングしたくなるジュエリー
スウィング、スウィング、スウィングしたくなるジュエリー
今回紹介するのは、東京・井の頭線沿線でデイリージュエリーを制作しているジュエリーブランドSam。身に付ける人をハッピーな気持ちにする手仕事で、全国のお客さんから愛されています。ひとつひとつのジュエリーに込められた熱い想いを、デザイナーであり
Read More
大人の日常を彩る上質なレザーバッグ
大人の日常を彩る上質なレザーバッグ
今回ご紹介するのは、as couture(アズクチュール)。シンプルなデザインをベースに、「日常に寄り添いながらコーディネートのアクセントになるようなもの」をコンセプトに、オリジナルレザーグッズを手作業で丁寧に仕上げるブランドです。今回は、
Read More