About

幸生窯は、作家・前川幸市が家族と営む森の中の小さな陶工房です。

信楽の自然に抱かれた2つの作業場と生活空間は、木を伐り、土を掘り、時を重ねて少しずつ築かれてきました。この場所で日々取り組むのは「心豊かな暮らし」を育むためのものづくり。それぞれに物語が感じられるようなユニークな表情や個性を大切に、ひとつひとつ手作業で小さな陶の動物たちを生み出しています。

幸生窯のアイテム一覧

Items
幸生窯 モップ こうせいがま
SOLD

モップ(大・小)幸生窯

縄のれんのように垂れたむく毛が自慢です。 むく毛のお手入れは毎日の日課できれい好き。 昔は牧羊の仕事で活躍していたそうです。

幸生窯  カーリー トイプードル プードル 犬 dog 置物 インテリア
SOLD

カーリー(大・小)幸生窯

むくむくもこもこ、カーリーヘアーがお洒落。 町を歩けば人気者です。 シャンゼリゼ通りの赤い屋根のカフェがお気に入りです。

幸生窯 シマシマ

シマシマ(大・小)幸生窯

ぽってりとしたフォルムと垂れた耳がかわいい、しましまの猫。 少しやんちゃで負けず嫌い。好奇心は旺盛です。 大好物は”七面鳥のテリーヌ”です。

幸生窯 ブル

ブル(大・小)幸生窯

強面とは裏腹に温厚でどこかとぼけ顔。 いつもいびきをかいて寝ています。 でもいざとなると頼りになる番犬です。

幸生窯 フワフワ こうせいがま

フワフワ(大・小)幸生窯

ずんぐりむっくり、短い足とふわふわさらさらな長毛が特徴です。 ふわふわ猫は甘えん坊で撫でられるのが大好きです。 グルグルグル、ゴロゴロゴロ・・・。

幸生窯 モンプチ
SOLD

モンプチ(大・小)幸生窯

ブサカワ代表のモンプチ。 どんな時も癒してくれるルックスで、心和む存在です。 にらめっこでは誰にも負けません。

幸生窯 パンチ こうせいがま

パンチ(大・小)幸生窯

ムチムチボディと両目の黒ブチ模様が特徴です。 とても食いしん坊で食べ物を見るとヨダレが止まりません。 今日のおやつは何かな?

幸生窯 ムッシュ

ムッシュ(大・小)幸生窯

どこかユーモラスな表情ですが、知的で温厚。 タキシードを身にまとい、毎日の身だしなみには気を配る紳士です。

幸生窯のアイテムが
登場する読み物

Column
2022.03.22

2022222日の“猫の日”からSIROKUにラインナップした『幸生窯(こうせいがま)』が作る小さな陶の動物たち。手のひらに乗る土の重みや手触り、見覚えのある表情や仕草とやさしい存在感に心を奪われます。
今回は、この動物たちを生み出す幸生窯(こうせいがま)の窯元であり陶芸家の前川幸市さんへのインタビュー。ものづくりと動物を愛してやまない前川さんに、これまでとこれからのお話を伺いました。

作家・ブランドインタビュー